イタリアの八百屋さん

皆さんこんにちは。千色を奏でるピアニスト 藤谷奈穂美です♫

今日はイタリアの八百屋さんをご紹介します。

 

まず、大きく日本と違うのは野菜や果物が安い!!!

日本に帰ると、野菜はともかく果物の異常な高さには驚きます💦

特にブランド物のメロン!!!! 確かに美味しいですが、イタリアでは十分美味しいメロンが200〜300円で余裕で買えてしまいます。

綺麗に一つひとつ包装されているものもありますし、傷物は売られていませんよね。

でも、消費者はそんなこと求めているのかな?と思います。 少しずつ傷がついていようが、汚れていようが、私は買いますけどねぇ。イタリアに慣れてしまったからでしょうか?

 

イタリアでは山のように果物が並べられており、全て量り売りです。

新鮮な野菜たちが並びます。

トマトは食材に欠かせません🍅

色鮮やか〜!

柿! 柿はなんとイタリア語でも「カーキ」笑 そのままKAKIと書きます。

日本の柿とは違って、かなり柔らかくて熟したのを食べます。 私はちょっと苦手💦

 

この八百屋さんではレジで測ってくれますが、スーパーでは自分でします。

それぞれに番号が書いてあって、袋に入れて結んで閉じたら測りに乗せて番号を押すと、値札が出てくるのでそれを貼る、という仕組みです。 まあ、普通のことですが日本ではほとんど見かけませんね。

この日は、毎朝必ず食べるフルーツにキーウイとリンゴ、野菜はブロッコリーとナスを買いました。

結構な量を買いましたが、それでも合計500円程度。日本だったらリンゴ1個でも200円とか300円するので、吹っ飛びそうになります😅

 

魚もお肉もパンもスイーツも量り売り。店員さんとのコミュニケーションにもなるので、楽しいですよ♫

たまにおまけしてもらったりね。

 

イタリアに来た際には、美味しいフルーツや野菜も沢山食べてみてくださいね。

 

ciao ciao ❤️

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です