ローマ風ピザを食べるなら「アルコ・ビストロ」

皆さんこんにちは♫ 千色を奏でるピアニスト 藤谷奈穂美です。

 

イタリア料理の投稿を続けます。

今日は「ローマ風ピザ」!!!🍕🍕🍕🍕🍕

「ローマ風ピザ」はどんなのかと言うと、「薄いピザ」なんです。

ナポリ風ピザは分厚くて生地がモチモチしていますが、ローマ風は薄くてパリパリ。

最初は私は分厚いモチモチな生地が好きだったのですが、最近は薄いパリパリを好んで食べるようになりました。

 

娘とよく行くのが近所の「Arco Bistrot アルコ・ビストロ」🌟

地下鉄A線、Arco Di Travertino駅から徒歩1分に位置します。

 

ご飯支度をさぼりたいときに、ふら〜っと行きます😅 お店の人たちも顔見知りです。

店内はお洒落で落ち着いた雰囲気、店員さんたちは優しいし何を食べても美味しいし、お勧めのレストランです♫ お値段もお手頃価格!

 

よくわからないおじさんの置物があります。

 

私のお気に入りのピザは マルゲリータにルッコラとパルメザンチーズをたっぷりかけた1品💕

 

イタリアでのピザ食べ方。

一人一枚!!!! 

 

最初は「ピザを食べに行こう!」という言葉にゾッとしていたものです・・・。

だいたい「ピザが夕食」なんていう感覚が日本から出てきた私には無かったわけで・・・。

日本人が良く使うフレーズの

「飲みにいこうよ!」「ご飯しようよ!」

が、

「ピザを食べに行こうよ!」なわけです。 どんだけピザが好きなんだ・・・笑

ピザを食べに行こうと誘われたからと言って、別にピザを食べる必要はないのです。

「美味しいピザ屋があるから!」という場合はピザですが。😊

 

兎に角ピザを愛するイタリア人。ピザ無しでは生きられないのではないかと思われます。。。

これだけ「パスタ王国」なのに、誘い文句は「ピザ」を使うわけです。それは何故なのかはわかりません。

おじいちゃんも、おばあちゃんも、子供も、みーーーんなピザを食べます。本当です。

 

「1枚を食べる」って、とんでもないカロリーです😬 次の日は炭水化物禁止です。

食べ続けると太ります。当たり前です。

因みに私は、この「一枚」を食べるのに2年半かかりました。ある日何故か食べることが出来たのです。

これは自慢なのか・・・・?💦 微妙です。。。

 

でも、兎に角美味しい〜〜〜〜〜!!!! ピザを食べに行くときは十分にお腹を空かせて行きます。

ピザにビール、ビールを飲まない人はコーラ、更にいけちゃう人はその後デザート!!!

もう、驚異的な高カロリーパーティになります。

 

ピザを食べながらワインを飲むと「え・・・?ピザにワイン?」という冷たい目でみられます。

何を飲もうと自由ですが 笑

しかもローマではピザの前に前菜で、Fritto(揚げ物)も食べる人もいます。

何への挑戦なのでしょうか・・・。 でもね、これがまた美味しいの❤️

 

代表的なのが、これ。 その名も「すっぷりー」Supplì!!

いわゆるライスコロッケなのですが、ライスの中にはとろとろのモッツァレッラが入っています。

これはローマ料理なんです。

そして「フリッティ・ミスティ」Fritti misti。揚げ物ミックスのことです。

 ポテトや、オリーブの揚げ物。

 

こちらも欠かせない! 「フィオーリ・ディ・ズッカ」Fiori di zucca!!!

かぼちゃのお花の揚げ物。お花の中にモッツァレッラとアンチョビが入っています。

 

散々ピザの話をしましたが、今夜食べたのはこのパスタ。

トンナレッリ アイ フルッティ ディ マーレ

トンアレッリ というパスタをシーフードソースで♫ 美味しかった〜。

 

あまりお勧めできないのは、デザート。こちらで食べる大抵のデザートはめちゃくちゃ甘いです・・・。

 娘登場。かわいい❤️(親バカ。バカになって当たり前・・・笑)

チョコレートアイスに、チョコチップが乗って更にチョコレートソースがかかってきました・・・。

アイスだけではダメだったのか・・・😅

 

観光客の少ないレストランでローマ料理を楽しみたい方、お勧めですよ。

「Arco Bistrot」

ciao ciao ❤️
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です