誹謗中傷について。

皆さんこんにちは。 千色を奏でるピアニスト 藤谷奈穂美です。

 

日本で非常に悲しい事件が起こってしまいましたね。

その原因がネットでの「誹謗中傷」と思われるらしいですが、何て酷い世の中になってしまったのでしょうか。

誹謗中傷を書く人というのは、きっと決まったタイプではないかと私は思います。

暇な人。くだらない嫉妬をする人。人の幸せを喜べない人。親からの愛情を受けて育っていない人(全く個人的な見解ですし、皆がそうではないと思います)。

簡単に言えるわけはありませんが・・・。

人を苦しませて何が楽しいのでしょう。全く理解できません。

ネットではいくらでも書き込みしたりできますものね。。。

 

 

送る方は平気でやるんでしょうけど、被害を受ける側はかなりの精神的苦痛を感じます。

乗り越えられたつもりでも、トラウマになることもあります。時間が経ってふとしたときに思い出し苦しまされます。

 

22歳。親御さんのことを想うと、人ごととはいえ、胸が張り裂けそうになります。

誰か側に居てあげられなかったのかな。抱きしめてくれる人は居なかったのかな。

「お母さん助けて」って言えなかったのかな。

 

こんなことで命を落とすなんて・・・・。

 

日本での「緊急事態宣言」が出された少し後、イタリアのラジオ(国営)でこのような報道がされました。

『日本でもテレワークが行われており、会社出勤等が減ったためストレスも減り、自殺が減っているとのことです。』

 

これをイタリアで聞いたときは、なんとも言えない気分でした。

コロナウイルスの件に関しての日本の話題が自殺のことですか?これってちょっと異常なことではないでしょうか。

 

今日、たまたま信頼している方と、フェイスブックで「イタリア人の人間らしさ」についてコメントをやりとりしました。勿論、生きていれば楽しいことばかりではないけれど、ロックダウン緩和後のイタリアは、全然暗くないんです。皆、ロックダウン前と変わらず明るく生きています。それは街の雰囲気から伝わってきます。 常に前向きなイタリア人の生き様なんだと思います。

 

自分の子供が学校で嫌なことがあれば抱きしめる。イジメなんてあったら徹底してやめさせる。

嫌なことは踊って笑って歌って吹き飛ばす。

 

ここで私がイタリア人の生き方を書いたところで、この先誹謗中傷が無くなるなんて思えませんが、苦しんでいる人も少しでも前向きになれたらと思いながら書いています。

 

誹謗中傷、止めてください。嫌がらせ、止めてください。

 

皆が笑って幸せに過ごせる世界。短い人生です。人へ嫌がらせをするより、もっと自分の人生をどう楽しく素晴らしく充実させるかの方が、ずっと重要だと思います。

 

世界中の人が幸せに暮らせますように。 そうなることを祈っています。

 

 

ciao ciao ❤️

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です